母親との関係

母は、父が亡くなってから、

少しずつ気持ちが落ち着きつつあるも、

やはり不安定な日々は続いていた。

今までずっと尽くしてきた夫がいなくなり

何もすることが急になくなってしまったから。

一人になって、急に寂しさもこみあげてくる。

一人で作る食事。

一人で過ごす日々。

父は何も告げずに逝ってしまった。

そのことが母にとって、とてもつらく、暗い影を落としていた。

そんな母と、今は週に2~3回会って話している。

今までそんな時間取れなかったから。

休みができて、子供たちがいない間、実家に帰らせてもらっている。

たった数時間だけど、

母と話すと落ち着く。

学生の頃は、正直鬱陶しい時もあった。

話を聞いてくれているのか、わからない時もあった。

でも今は、育児のことも相談できるし、

親になって、親の気持ちもわかるようになって、

話しやすくなったし、聞いてもらえている感じがした。

母にも過去、中絶した経験があった。

私を産んでから、数年後にできた子供を。

出張ばかりで家にいない父。

3人の子育てをする自信がなかったと話していたが、

もしかしたら、もっといろんな事情もあったかもしれない。

初期中絶であったけれど、それもずっと傷として残っていて、

いつもどこかのお寺に行ったときは、必ず、お参りをするらしい。

だからこそ、気持ちがわかるのかもしれない。

お互いに・・・

今になって、本当に分かり合える親子になったような関係に

なれたような気がする・・・

子供たちにも、いつかは本当のことを話さないといけない時がくるかもしれない。

私も母のように、分かり合える関係になれるだろうか・・・。

特に娘たちと・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
友だち追加